たくさんのユーザーに見てもらおう!ネット動画配信のやり方

企業だけでなく一般ユーザーも投稿している

動画配信サイトでは、一般ユーザーや企業が作った動画を見ることができますよね。企業の作った動画はもちろんクオリティは高く楽しめますし、一般ユーザーの作った動画でも人気のコンテンツなら数万以上のアクセスを稼いでいるものもありますよね。日常生活をしていて、おもしろいシーンに出会ったら思わずカメラを構えて動画を取ってしまうということがあるでしょう。そういった動画を配信サイトに共有すれば、だれでもアクセスを稼ぐことができますよ。

動画配信サイトのアカウントを作ろう

動画配信を自分でもやってみようと思ったら、まずはアップしたいサイトで自分のアカウントを作りましょう。メールアドレスさえあれば開設できるので簡単です。サイトの手順に従って、必要事項を記入していき、自分のアカウント名や自己紹介文などを設定しましょう。もしブログやSNSなどの他のメディアを持っているならそのURLを書いて宣伝しましょう。動画を見たユーザーがリンク先にアクセスしてくれる可能性が高まりますよ。

興味を引くタイトルにしよう

アカウントができたら、さっそく作った動画をアップロードすることができます。アップしたコンテンツには、タイトルや動画の説明文などを登録することができますよ。自分が動画サイトをチェックしているとき、タイトルが気になる動画があれば、思わずクリックしてしまいますよね。それと同様に、自分の動画コンテンツにも人の興味を引くタイトルを付けると見てくれるユーザーが増えるでしょう。動画の説明文にも、検索用のキーワードをちりばめておくと、検索で自分の動画がヒットする可能性が高まりますよ。

ストリーミングのサービスには動画や音楽など色々なものが存在しておりネットの回線があれば気軽に使えて便利です。