作業効率を上げられる!ネットワーク監視で営業成績アップ

仕事中にネットサーフィンを楽しむ社員を発見

休憩時間でもないのにネットサーフィンばかりしている社員が居る職場は、それだけで全体の作業効率が大きく落ちてしまいかねません。だからこそネットワーク監視を駆使して、ネットサーフィンを長時間楽しんでいる社員を探す企業も増えてきています。ずっとデスクワークだけを続けていれば、トラフィックが大して発生する訳がないという職場であれば、トラフィックが一定以上発生した場合に警告を出す様に設定してもらうのも良いでしょう。

掲示板への書き込みを監視する事も必要

仕事中なのにインターネット掲示板などを見てばかりの社員は、会社のパソコンを使って掲示板に書き込んでしまう事も珍しくありません。その社員の使っているパソコンのIPが何処からか漏れてしまい、企業が社員を使って掲示板に書き込ませているというイメージを持たれてしまう可能性もあるのです。企業のイメージダウンを防ぐ為にも、ネットワーク監視でインターネット掲示板への書き込みを抑制する必要性も考えておきましょう。そうする事で社員の仕事効率もアップする事が出来ますよ。

ファイルの送受信を行う社員に注意をする

会社のパソコンを使って友達や親族と、写真などのファイルをやり取りしている可能性のある社員には注意をしましょう。特定のファイルにウイルスが紛れ込む事によって、会社の情報が外部に流出してしまう可能性もあるのです。そういった怪しい通信が発生していないか、ネットワーク監視を行う事で企業の情報を守る事が出来ます。外部から怪しいファイルが送信されてきて、それを社員が受け取っていた場合には、直ぐに社員に話を聞ける様な体制を作り上げておきましょう。

ネットワーク監視とは、ネットワークに接続された機器が「障害」or「性能劣化」等が発生していないかをある一定間隔で監視すること」です。発生した場合は、警告が発報されます。