著名人の講演会を開くときに気をつけておきたいこと3選

招待する人の人気と会場の大きさのバランス

著名人を講演に呼ぶ際には会場の大きさ選びが重要なポイントです。その人が有名なら有名なほど遠くからでも人が駆けつけることになって会場が人で溢れる可能性があります。しかし、人気がそれほどでもない場合に大きな会場を選ぶと空席が目立ってしまうでしょう。空席のある会場での講演はしらけてしまう部分があり、その著名人を侮辱することにもなりかねません。満員になるかならないかの瀬戸際を考えて会場選びをすることが大切です。

著名人を守るためのセキュリティー

著名人を講演に呼ぶ際にはその人を守るという考え方も必要になることがあります。人気があまりに高くてファンが殺到してしまうような著名人もいれば、言っていることに対して快い気持ちを持っていない人がいる著名人もいます。そういった場合には部外者から著名人を守るためのセキュリティーを充実させておかなければなりません。宿泊先から移動中、会場に至るまでセキュリティーを確保することも講演を開く側の果たすべき責務となるのです。

講演会場の直前の機器チェック

いざ講演を始めようと思ったらマイクのスイッチが入っていなかったり、スピーカーの不具合が発生したりするというトラブルは稀に発生する大きな問題です。それによって講演が滞ってしまう場合もあれば、著名人がそれに気付かずに講演を続けてしまって恥をかいてしまうということもあります。特に音響のような機器トラブルでせっかくの講演に泥を塗ってしまった場合には講演者からも来場者からも大きな非難を受けることになります。直前に行う全ての機器をチェックは何度行ってもよいほどに大切なものだと肝に銘じることが大切です。

企業などのセミナーなどで、有名な方に講演依頼を行う場合には、どんなことを話してほしいのかざっくりと知らせておくといいです。