一人暮らしの間取り決め!ワンルームかキッチン有りか

独立したキッチンは自炊生活に有利

賃貸で一人暮らしをするときにはワンルームの部屋を選ぶかキッチンと分かれた1K等を選ぶかが迷うところになります。自炊をする人の場合にはキッチンが独立してある方が便利であり、料理の匂いが寝室に充満するのを防ぐこともできます。しかし、1Kではキッチンが狭くて本格的な料理をするには向かないことから料理に主眼を置くのであれば1DK以上にした方がより快適に料理を楽しむことができるでしょう。ワンルームでも寝室で料理をすることを厭わないのであれば問題はありません。

部屋の自由度はワンルーム

キッチンが独立しているとその分だけ寝室が狭くなることになります。同じ専有面積であればワンルームの方が部屋が広く使うことができるということです。扉が一つあるとその可動範囲にも物を置くことができなくなってしまうことから、特に開き戸である場合には部屋が広いようで狭いという状況になってしまうこともあるのです。そういった観点から一つの部屋にまとまっているワンルームの方が部屋の使い方の自由度が高いと言うことができます。

ほとんど同じ条件ならワンルームの方が安いが大差なし

ワンルームと1Kを比較すると、同じ専有面積で立地条件も設備等もほとんど違わない物件を比較すればワンルームの方が家賃も若干安い傾向があります。あまりそういった酷似した条件のマンションがないので比較は難しいのも事実です。料理や部屋の使い方の面でそれほどどちらにもメリットを感じないのであればあえてどちらかに絞って物件探しをする必要はないでしょう。両方の中から立地条件等がより良い物件を探すのがより良い方法です。

マンションオーナーが経営の効率化を目指すときには、賃貸管理システムの導入が必須条件です。特に賃料などの管理が効率的に行えるシステムが理想的です。