会社のホームページは重要!?それとも重要じゃない!?

ホームページにはお金をかけるべきか!?

ビジネスをしている人なら1つぐらいはホームページを持ったことがある人がいるかもしれませんね。そもそもホームページの役割って何でしょうか。実はそのビジネスによってもそれなりにみたいにお金をかけたほうがいいホームページもあれば、とりあえず素人が作ったようなホームページで十分な場合があるのです。例えば、会員制ビジネスや物販の場合はホームページの画像の選定やその配置、コピーライティングなんてとても重要になってくるんです。いかに人の気持ちを揺さぶって鷲掴みにするかが大事だからですね。

あまり力を入れる必要がないホームページもある

ホームページの中にもとりあえずあればいいかという業種もあります。例えば、警備会社がそれに当たります。警備会社はホームページで人を募集することがあるかもしれませんが、普通は職業安定所や雑誌などで募集することがほとんどなんです。この場合にはそんなにお金をかけたホームページが必要かというと必要ではないと思います。とりあえず会社があることがわかればいいかというレベルの物で十分ですが、もちろんあまり粗末なホームページではだめですよ。

どれくらいのお金がかかるのか

ちなみにホームページってどれくらいのお金がかかるか知っていますか?これはどの業者に頼むかということやどれくらいのページが必要かということも関係してくることなんですが、私の聞いた話では一つの会社(中小企業)がホームページをプロに作ってもらうと50万円ぐらいはかかるようです。前者の物販や会員制ビジネスの場合であればそのくらいお金をかけたほうがいいかもしれませんが、後者の例に出てきた警備会社などの場合はそんなに気合を入れてお金をかける必要はないわけですね。

企業の宣伝に最適ですから、ホームページ制作を依頼する傾向が見受けられます。まずは、信頼できる制作会社を探すことが大切です。